〜恋愛名言集〜
¥恋で悩み、恋を楽しむ、昔も今も一緒です¥


初恋の魅力は、この恋がいつかは終わるということを知らないことだ。

恋は、できの悪い学者よりも数倍勝る人生の教師である。

恋が入ってくると、知恵が出ていく。

人間は恋と革命のために生まれてきたのだ。

短く笑って、長く泣く。それが恋の習いだ。

愛情には一つの法則しかない。それは愛する人を幸福にすることだ。

男がもっとも情を込めて愛している女は必ずしも一番愛したいと思っている女ではない。

恋の力は、身をもって恋を経験する時でなければわからない。

恋愛は永遠である。それが続いているかぎりは。

嫉妬は常に恋と共に生まれる。だが必ずしも恋と共に死なない。

時間は友情を強めるが、恋愛を弱める。

恋愛はポタージュのようなものだ。初めの数口は熱すぎ、最後の数口は冷めすぎている。

恋の灯は時として友情の灰を残す。

ほどほどに愛しなさい。長続きする恋はそういう恋だよ。

愛というのは、どんどん自分を磨いていくことなんだよ。

あなたは愛するもののために死ねるか。

頼むから黙って、ただ愛させてくれ。 愛されるって何の役に立つんだろう。教えてくれないか。
それで直腸ガンにならずにすむのかい。

若者よ恋をしろ、身分やお金はないけれど、恋すりゃ希望が湧いてくる。

男は目で恋をし、女は耳で恋に落ちる。

女の行動に理由なんかないわ。男は理由を求めて恋を失うのよ。

人が心から恋をするのはただ一度だけである。それが初恋だ。

恋とはサメのようなものだ。常に前進してないと死んでしまう。 恋の悲しみを知らぬものに恋の味は話せない。

恋をして恋を失った方が、一度も恋をしなかったよりマシである。

女の口から出る「いいえ」は否定ではない。

恋は決闘です。もし右をみたり左をみたりしたら敗北です。

恋ははしかと同じで、誰でも一度はかかる。

恋は熱病のようなのもである。それは意思とは関係なく生まれ、そして滅びる。。

三つのマッチを一つ一つ擦る夜のなか
はじめは君の顔を一度きり見るため
つぎのは君の目を見るため
最後のは君の唇を見るため
残りの暗闇は今の全てを思い出すため
君を抱きしめながら



自分の名言も公開したい!って人は掲示板またはメールでお知らせを〜